広告が嫌い そして悪徳サイトを摘発したい

こんにちは。だいぶ風邪の調子がよくなりましたが、まだ咳が出ます。

さて、最近ものすごく怒りを感じていることがあって、何かというと、

「広告がうざい!」

人生で嫌いなものを上げろみたいなことを言われたときに、僕が真っ先に浮かぶのはまず広告ですね。理由は「8割方、いや、9割5分はその存在が邪魔でしかないから」です。
広告そのものが嫌いというよりか、その広告と掲載箇所が全くマッチしてないのがいらいらする。

例えば電車内の広告。つり革広告とか、ドアとか、電車内は広告だらけの空間なわけだけど、どれも電車内でその広告の訴求ポイントを満足できないでしょ。最近は英会話と脱毛サロンみたいなのの広告ばっかりで、ほんとにうざい。通わねーよ。興味ある人間は自分で調べるだろ。
電車内の広告の効果検証とか、きっとマクロミルみたいな企業がやっていはいるだろうけど、と思いながらよくよく調べてみると、こんな記事がありました。意外と効果があるらしい。僕だったら9割8分は興味すら湧かないけどね。仮に広告を見て買いたいと思って、駅で降りて買うのかっていう。そんでもって広告の地図をみて脱毛サロンに行くのかっていう。
では、電車内の広告でなら、どんなものならもっと受け入れやすくなるかというとそりゃ、「沿線上の観光地」とか、「豊富な乗り換え案内」とか、「天気予報」とかでしょ!!特に動画の広告なんかは、もっと交通状況や天気の情報を増やしてほしい。そう。広告ではなく、情報が欲しい。どの車両がすいているとか、そんな情報でもいいでしょ。絶対に広告よりは、電車内に載せるならそういった情報の方が有益だと思える。

同様に、スマホのアプリとかでもそう。最近一番イラつくのはツイッターでのプロモツイートによる公告。LINEでの広告もイラつくけど、あれはもともと韓国の企業で、全然信用してないし期待もしてないし、使っている理由は「みんながやっていて、自分がやっていないと困る人がいるから」なので別にどうでもいい。早くLINE文化はなくなれ。
Twitterでのプロモツイートって、自分がフォローしてない企業とかのツイートがいきなりTLに挟まってくるんだよね。それって、

意味わかんなくない?

だってさ、それは読んでいる小説の途中に、プロモーションの文章がいきなり何の脈絡もなく挟まってくる感じだよ?現象としては、CD聞いてたら曲の途中で唐突に短い広告が挟まる、みたいなもんでしょ。意味わかんないでしょ。何が一番イラつくって、それを何の宣言もなく勝手にやりだして、プロモツイートはそういうもの、みたいな印象がついてしまったのが気に入らない。もうとにかくうざい。望んでないところに広告は来ないでほしい。課金してでも広告のない世界を望む。見た人の8割が良いと思うようなデザインを、8割の人が不快だと感じている広告に使われないでほしい。ほんとに技術の無駄遣い。デザイナーのセンスがもったいない。もっと社会をよくするためにそのデザイン能力を使ってほしい。

さて、ここまで広告をコケにしてきたわけですが、昨日、「絶対にこれは悪徳サイトだろw」という広告を見つけたのでクリックしてサイトを見たところ、やっぱり悪徳サイトでとても笑いました。プロジェクトという投資家顧問のサイトです。声出して笑ったwここまで詐欺っぽいサイトはないし、誰がどうみても内容は嘘だしで、どうしようもないなとwよく調べてみると、実際に詐欺に近いような紹介にあった方の意見もたくさんありまして、これはひどいなと。何が一番ひどいかというと、ヤフーの広告受付の人です。

僕はこのプロジェクト(笑)というサイトに、ヤフーの広告からたどり着いたんだけど、そんなもの認可するなよ!ヤフー!何も考えてないのか!広告担当は!同じく、ネットのバナー広告力に定評のあるGoogleでもきっと、数が多すぎて審査もガバガバなんじゃないかとおもってしまいますね。まぁ、今後は一切この手の広告は認可しないで頂きたいのと、なんなら、もう「コンテンツの途中に」いらつく広告を挟まないでほしい。

最後に、どうでも良いんですが、愛用しているPCのキーボード、Sキーだけいまいち押しづらくなってしまって、Bluetoothのキーボードを買おうか悩んでいるところです。どのメーカーのが良いんだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA