パンテーンの広告について思うこと

こんにちは、秋っぽい雨が続きますね。やっぱり春と秋は快晴が少ない気がする。春なんかは、花曇りなんていうけれど、秋はなんと言うんだろう。

最近、渋谷駅にもドーンと貼ってあるパンテーンの広告のインパクトがやばい。就活女子の髪型がテーマで、全員黒髪ポニーテールな風潮に対する就活生の不満が1000人分書かれた恐ろしい広告。

それだけ文句を並べておいて、右下の方にパンテーンからのメッセージで、「パンテーンは美しい髪で全ての女性を応援します。さぁ、この髪で行こう。」なんて言ってるのがほんとにツボ。美しい髪で、っておかしいよね。彼らが売っているのは髪じゃなくてシャンプー類なのだから、書くなら「パンテーンは美しい髪を支え全ての女性を応援します」とかだろう。前々から気になってはいたが、パンテーンのテレビCMで出てくる女性はみんな茶髪だから、この会社どんだけ茶髪好きなんだ、もしくは黒髪嫌いなんだ、と改めて思ったよね。

さて、あの1000人分の不満を見ていると、目測で6割方のコメントが「見た目で個性が出せない」だったんですが、ツッコミどころ満載すぎるので少し書いてみます。

1.髪色の統一は没個性か?

そもそも集団内における個性って、ある程度条件を揃えて初めて見えてくるものですよね。たとえば日本でランダムに10人集めた時、左利きの人というのはたいてい1人くらいは居るものですが、それは「右利きが多い集団」という前提で集めているから左利きの人は「個性がある」という判断ができますね。髪型で言えば、髪を染めたことのない人を100人集めた時にもし地毛が金髪な人がいれば「黒髪が多い集団」という前提なので金髪の人は髪色において「個性がある」ことになります。
では、一般的な女子大生の茶髪の割合はというと、武蔵大学での調査によれば、入学時期および就活の本腰を入れている5月は茶髪率は41%、就活ホットではない12月では64%と、茶髪にしている女子大生の方が多い。この調査から、女子大生は「茶髪の方がマジョリティー」ということになります。さぁ、髪色指定がない場合は髪色が黒の方が個性がある側にいることになり、茶髪に染めるだけでは個性は出せていません。だから黒髪にすることへの反対理由として適切なのは個性云々より、「茶髪で居たいのに黒髪にするのが嫌だ」じゃないでしょうか。ちなみに、茶色にも濃さ薄さが~という異論は、黒髪でも濃さ薄さがあるのでナンセンスです。つまり、黒髪にすることは没個性にあたりません。

2.髪型の統一は没個性か?

これは数値のエビデンスを出すのが難しいんですが、没個性の塊です。逆に、黒髪ポニーテールなんて女子大生の髪型人気ランキングでどこにもランクインしないので、女子大生100人集めたときに黒髪ポニーテールの人は個性があるといえるレベル。つまり髪型自由にした場合、色々な髪型が考えられるので、黒髪ポニーテールへの統一は没個性です。ハーフアップやショートヘア―くらい許容される社会の方が気持ちは楽でしょうね。

3.外見の個性に拘ることに意味があるか?

話し方、表情、会話の内容が面接官の注目ポイントとして上位3つに挙げられる就活において、あるんでしょうか。もっと言えば、見た目が良いから仲良しな友人なんていますかね。そりゃ一般的な就活面接の見解として、同じ能力、性格の人が複数居た場合においては、容姿の良い人が選ばれることになるでしょう。前述のとおり、個性とは、「その人らしさ」であることなので、茶髪であることは個性にならないことから、容姿で選ばれることになった際、茶髪で個性があるからという理由だけで選ばれるなんてことはありえません。もし茶髪の人が選ばれたのであれば、それは間違いなく「茶髪に違和感がなかったから」です。そうなってくると、外見の個性に拘る際、髪型が重要というよりは、その他の容姿と良い方向につり合いが取れているかどうかが大事になってきます。スーツという一般的なビジネススタイルに合っているかどうか、その人の瞳の色や肌の色に合っているかどうか、メイクに合っているかどうか、そういう話になってくる。それでも外見の個性に拘るならば、髪型だけの話をしても仕方がありません。まぁでも、好ましい外見の極端な統一化を避けるという意味で、髪の自由は有効な手段かもしれないが、どちらにせよ議題は個性ではない。一朝一夕で変えられて、1日2日ならボロが出にくい外見部分で個性を出したいという考えそのものが安易かつ没個性なので、内面で頑張ってほしい。

これだけ書いてきて言うのもあれだけど、僕は髪型を始めとした服装の自由はもう少しあって良いと思う。パンテーン広告内の意見の中にも、「黒髪ポニーテールが似合わない」「就活中はこうじゃなきゃダメだみたいな雰囲気が窮屈だ」みたいなものは大きく賛同できる人も多いだろう。ここはひとつ、リクルートやマイナビを始めとする就活サイトが率先して外見のアドバイスに「黒髪ポニーテールにこだわる必要はありません。清潔感のある髪型、派手ではないスーツを着用して臨みましょう」としてショートカットの例のイラストを載せてみるとか、採用側も「服装、髪型は節度のある形であれば自由です」と書いておいて、全体の説明会かなんかの時に口頭で、「髪をちゃんと結んでおでこ出してこなくても全然大丈夫ですよ」というアピールを増やしていったら良いんじゃないかなと思う。節度は大事だけれど、必要以上の窮屈さがなくなっていくといいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA