あいみょんにハマった

こんにちは。今日は普通に寒くて、Pコートデビューしました。

 

最近、あいみょんにハマっています。あいみょんとは、西宮出身の23歳女性シンガーソングライター。

僕にはシンガーソングライターの友人がいて、たまにライブハウスなどで彼が出るときに聴きに行ったりするので、女性シンガーソングライターがアコギ持って歌っている様子を何度も見たことがある。

ライブハウスで、「何でこの人売れないんだろう。秦基博が売れるくらいならこの人の方がよっぽど良い」と感じるシンガーは男女問わずいくらでもいるんだけど、あいみょんを聴いて、何となくプロとの違いが分かった気がする。

 

まず、やっぱり歌詞って大事だなって思った。ライブハウスシンガーたちの歌の歌詞、どれも内容が個人的なエピソードに引っ張られすぎていて、「あぁ~そういうことがあったんだねふーん。」みたいな。共感できることもあるけれど、やっぱり汎用性の低い話だったり、その日だけのたまたまみたいな話が多い。つまり、その人の激しい内側みたいなものを表現することができていないから、陳腐に聞こえる。

あいみょんの歌詞はちょっと違って、歌詞だけなら文学性の高くて暗い西野カナみたいな感じ。話もわかりやすいし、あ~そういう時あるよねって思えたり、もしくは「この人の感性は面白いな」と感じる。

 

別にあいみょんは特別見た目が良いとか、声がめちゃくちゃキレイとかじゃないと思うけれど、とても魅力がある歌手だと思う。その理由が、上に挙げた歌詞と、雰囲気から来るカリスマ性だと思う。曲もいいけれど、ぶっちゃけライブハウスでがんばってる人だって十分良い曲を作る人はいる。

カリスマ性…それは激しい内側を羞恥心なく表現できるところだと思う。だけど最近、あいみょんの曲を聴いていて、マリーゴールドという曲を聴いた時は感動した。何に感動したかというと、たぶんあれは自分のプロモーション用の曲で、あいみょんっぽい曲でも何でもないものを、売れるためという事務所が絡んでいるのか絡んでいないのか、戦略的に出したんだろうなということ。ああいうカノン進行の曲は親しみやすく、誰でも良い曲に仕上げることができるので、ある意味セコい。

しかもこのマリーゴールドは、たぶんあいみょんの文学力?をもってして書いた大衆向けの歌詞になってる。ちゃんとメジャーに出るための布石の曲って感じ。これに興味を示してもらえば、ほんとにあいみょんっぽい曲を聴いてもらえるチャンスが高まると。なんというか、ある意味泥臭い営業だなと思った。そういう泥臭さというか、売れるために自分のプライドを捨ててでも(違ったらどうしよう。カノンコードで作ってみたかっただけとかだったら…。)、そういう活動ができないと売れないんだろうなと感じた。たぶんシンガーソングライターは、「この人のファンかも」層を作るのが難しいんだろうな。ファンはきっと誰にでも出来るけど、こういうモテ方をするのは難しい。

 

ということで、moraであいみょんの楽曲を3000円分くらいダウンロードしました。ファンになったということで、CDではない手段だけれど、ちゃんと投資しようと。もっとたくさん、色々な曲出さないかな。激しい内側を、ちゃんと表現できる人の曲はやっぱり面白い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA