脱毛の広告がうざいほど多い

こんにちは。なんか今日は暖かい気がする。

一応、こんなPV稼ぎのためではなく趣味で勝手にやっている日記ブログでも、PV数や検索ワードの記録はしてある。そしたら、なんか知らないけどよく引っかかる検索ワードに「脱毛 広告 うざい」という謎の検索ワードがあって、せっかくだからそれについて書いてみようと思う。

言われてみれば、最近いろんなソシャゲで出てくる外部アプリやサービスの広告で、脱毛関連の広告って異常にめっちゃ出た気がする。

具体的に言ってしまうと、C3(シースリー)という脱毛サロン?の広告がめっちゃでる。しかもなぜか、今入会すると3万円もらえるだか海外旅行が付いてくるだか、謎のスーパー奮発サービスがついている広告である。

しかも!モデルが、吉木千沙都という鬼スペシャルかわいいモデルで、めっちゃかわいい。すっごいかわいいから、何だか許せてしまう気がしてくる。しかしこのC3という脱毛サロンかなんかの広告の最大の問題点は、、、

頻度が多すぎる!しかもターゲット間違えてる!

ことでしょうね。広報部はどうなっているんだ。ターゲットを間違えているうえに、出てくる確率が高すぎる。いくら何でも出すぎ。動画を見なきゃいけないタイプの広告が流れるとき、3回に1回レベルで出現してくる気がする。

そもそも広告というものの9割8分は不快なものであり、広告を見なければならないという行為そもそもがイライラを募らせるにも関わらず、このC3の広告が多すぎる問題はマジでおかしい。

みんなきっと、マジでおかしいんじゃないか、って思ってるから初めに書いたみたいな、「脱毛 広告 うざい」みたいな検索ワードになるんだろうね。広報部はもう少しグーグルサーチコンソールとか見て、ネガティブな単語をちゃんと見ておいた方が良いと思うね。

今日はこれで終わり。うざいけど、これに関しては、現状では簡単な手段での解決策は思いつかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA