悪いことは立て続けに起こる

こんにちは。就活おわりました。3社しか受けなかったんだけど、すごく苦労したから真面目に取り組む姿勢が足りなかった3月の自分をすこし反省。

どうでも良いんですが、悪いことって立て続けに起こる気がするんだよね。よくも悪くも、人生で気運の上昇下降ってあると思う。

というのは、例えば一般的によく聞くのは、身内に不幸があったとき。

あるとき誰か、身内の人間に不幸があると、直近5年くらいは全く無かったのに、その後半年くらいでバタバタと2~3人倒れてしまうことっていうのはよくありそう。

よくありそうというか、体感だけど、自分の親族はそんな感じな気がする。どうも、一人倒れると絶対に2人以上続いている気がする。

さてそんな中、別に亡くなるレベルじゃなくても、不幸みたいなものって続くことが多いわけで。

自分が一番ツイてないなと思ったのは去年の1月ごろかな。もう何もかもうまくいかなかった。研究は怒られ、彼女に振られ、友人のPCを壊してしまい、何もかもダメだった。どこに行っても不幸だと感じた。

割とこういうケースは、不幸だと思いこんでいる自分にも原因があったりする。だから、ある程度、不幸が短期間に多発することの説明がつく時はある。

とはいえ、身内の不幸が続くのはどうも説明がつきづらい。芸能界見てても、去年の樹木希林とこないだの内田裕也のニュースを見ても、あぁ、続くんだな、これはやはり気持ちの持ちようの問題か?なんて思ったけど、違う気がする。病は気からと言えど…。

やっぱりこういうものの理由をちゃんと考えてみると、論理的な解答は思いつかなくて、結局、スピリチュアルな結論に行き着いてしまう。そして、状況打破のために御祓いにいくわけだ。

確かに昔、去年の1月とは別の機会に何かよくないことが立て続けに起こったから御祓いに行った事がある。そうしたら、ぴたっとこれまで続いていたことが急になくなった。不思議。

気の持ちよう、という問題は確実にある。だけど、外的要因でどうにもならない時が続くときは御祓いをすれば直る。不思議な世の中…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA