愛知県の芸術祭の補助金の話って結局こういうこと?

何でも良いんだけど、愛知県の芸術祭ありますよね。あいちトリエンナーレ。

これは別に津田さんが監督だから有名なのではなく、そもそも国内ではトップクラスに有名な国際芸術祭で、3年に一度しか開かれない。

しかも、会場は愛知県内にいくつかあって、別に一つの会場でなんかヘイト感の溢れる展示だけをしているわけではない。ほんとに、愛知県が行う芸術祭といっていいのだ。

さて、補助金。やっぱり思ったことが二つあるんですよね。それは

1.地方自治体が主催の芸術祭に国が補助金出すんだ
2.もし不備があったらお金渡しちゃだめでしょ

です。

補助金のニュースを見たときから1つ目がそもそも疑問だった。国が主催しているんじゃなくて、愛知県やそのあたりの自治体主催でやってるのに、なんで国が補助金出しているんだ?スタート地点に疑問を抱いた。

芸術祭に国がお金出すのがおかしいとは一ミリも思ってなくて、地方のイベントに安易に国がお金出すのがおかしいと思っている。なにそれ。そういうものなのかな。

ま、でも普通に考えたら、国が親で地方自治体がこどもみたいな感じで、これやるからお小遣いください!みたいな流れはいくらでもありそう。順序の問題かな、地方が欲しがって、国がその内容を見てあげるかどうか決めると。

2つ目の書類の不備については仕方ない。地方自治体が国にお金ください!ってやるのは結構だが、その代わり色々な報告と、どうして使いたいかとか全部明記してね!っていうのが補助金の在り方なのだと思うんだけれど、そこで書いてきた書類が当初と違うことやってたとかそういうことになってくると、補助金なんざあげるわけにはいかないのです。

モリカケの時にあれだけアホみたいに騒ぎまくっていた人たちが、今度は手のひら返して、黙って補助金をよこせよこせという姿は見ものである。だって不備ありのままお金あげたらそれは大問題でしょ。文化庁の愛知県に対する忖度以外の何物でもない。

で、ある一つの展示に明らかに問題があった。これはまず間違いなく、芸術を盾にした津田さんの政治的野心でしかない。芸術を盾にすることほど、こう、なんていうんだろうか、姑息な手段はないというか。監督が彼でさえなければ、いつか日の目を浴びる作品だったかもしれないのに。

津田さんのやり方は、素人目に見ても芸術を通して自分の主張、ではなく、盾にして自分の主張をする、という感じが強い。そんな芸術作品も展示しますと初めに国に言ったのかどうか、ほんとに?という話につながってくる。

国から補助金もらうときって予算の使い方とか決めるのめちゃくちゃ厳しくて、元々申請した通りの用途でしか絶対に使ってはいけない(国の補助金に限らずそうだろうが)。例えば、こんな展示やりますとか、こんなことに使いますとか宣言している中で例えば、スタッフが勝手に飲み会開いて、「雑費」とかいって報してはダメですよと。

ま、ただ、文化庁に申請ちゃんと出してたのに、文化庁側の人間の恣意的な判断で補助金あーげない、なら問題ありまくりなので何とかしてほしい。文化庁は文化を殺すなとはまさにそういったもので間違いない。しかし、書類や申請内容の不備なら一銭も渡す義務はない、どころか、渡されたら困る。

あ~あ、文化庁は文化を殺すなだって、面白いな、「左派は獣医学部を消すな」みたいな。

グレタ・トゥーンベリーさんの演説は、世界中の人に環境問題に興味を持ってもらうことがゴールで良い

こんにちは。国連気候行動サミットがニューヨークで開かれたことに注目していました。

イケメン政治家が環境問題をセクシーに解決する話は置いておいて、国連の会議で若干16歳の少女が怒りのスピーチをしていたのは少し驚いた。何に驚いたかというと、注目してほしい問題を子どもに半ばヒステリックに語らせて世間の同情を誘う、というやり方がまだ現れることだ。

世界史に詳しくないので適当な事を言うが、6~700年前のフランス対イングランドの百年戦争の時も、国がボロボロになり戦意を失いかけていた時に、フランス軍を奮起させたのは若干16歳前後の少女ジャンヌダルクではなかったか?

そう、ヨーロッパの人がそういうドラマチックな展開が好きなのかどうかは知らないが、まだ成人もろくにしていない少女が現状を出来るだけ大きなスケールで憂う演説をして大衆の心を動かすっていう構図、よく見る気がするんだよね。

最近の例だと、マララさんっていう人がイスラムの事について国連の場でスピーチしていたと思うが、あれも同じだと思う。

で、こういう演説の主催者は大人なわけで、けしかけている人が必ずいるはずです。もちろん目的は「自分たちの主張がドラマチックに見えるよう子どもに代弁させること」です。

Twitterなんかを見ていると、今回のGretaさんの演説に対して非常に多くの批判的な意見が散見されたが、この批判的な視線を持っている人たちは大抵この裏事情を見透かしているから、その運営人の狡さに怒っているのだと思う。

もちろん、目立つ人がとにかく嫌いな人種は一定数いるので、ああいう子どもが気に食わん!みたいなよくわからないプライドを張る人間もいるけど、そんなのは無視で良い。

で、演説の内容について、唯一気になったのは、”You have stolen my dreams and my childhood with your empty words”っていう序盤のセリフ。

お前らの空っぽな言動が私の子供時代と夢を奪ったのよ!みたいな意味だが、どちらかというと、奪ったのは将来であって、君の子供時代じゃないだろう、と思った。

そうでしょ、何とか無事に過ごして16歳にまでなったんだもん、そう言うなら、”Your empty words will have stolen dreams and childhood of your children”とかだろう。

あーでも、実際に奪われた人が目の前で演説したほうが効くかな?まぁそういう可能性もあるか。

さて、

まぁどんな意見があるにしろ、間違いないのは、Gretaさんがとても立派だということだ。

彼女は本気で、みんなにコストが~とか言わないで早く環境問題解決のために動いてほしいと切に願っている(少なくともそう見える)ことがわかった。16の時の自分に同じスピーチが日本語で出来たかというと、それは無理な話だし。

ということで、彼女の話が今すぐ実行できるような話ではなかったとはいえ、これで世界中の人たちは環境問題について訴える子どもが出てきたんだ、もうやっぱり現実に困っている子どもがいるんだ、という自覚が湧く。(スウェーデンという特殊な国出身なのは秘密)

なので、今回の演説はそれがゴールで良いんじゃないかと思う。色々な意見を投げつける人たちがたくさんいるけれども、今回のゴールはそれでいい。今まで興味をあまり持たなかった人たちが、ドラマチックに興味を持つようになる。

コストばかりかかるけど、うーん、あんな風に子どもに言われちゃなぁ、、、という気になった人がいればもうそれでいいんだと思います。環境問題の解決は、利益が出ないから進まない事をちゃんとみんな理解してくれたら良いな。

無料のコンテンツに振り回されたくない

こんにちは。更新してない時期が長かった。普通に生きているんだけど、何か書いたら過激な主張しかできなさそうで、少し離れていました。

世の中に、無料のコンテンツってたくさんある。一番に思いつくのがSNSである。

LINEは無料のオンラインコミュニケーションサービスであり、利用者の多さからほとんどインフラ化していると言っていい。インフラ化していて、民営企業なのにも関わらず無料。素晴らしい。

おかげでスマホのプランは通話無しなんて人も多いだろう。インフラが無料ってすごい。

さて、そんな無料のインフラがどうやって儲けをだしているかというと、広告なわけです。さくっとLINEのIR資料みてきたら、だいたい売り上げ収益のうち6割が広告事業だった。

そう、LINEは今や様々な事に手を出しているので、広告以外からの収入もたくさんあるけれど、それでも6割。メインコンテンツである「LINE」を無料で運営するために、広告打ちまくってる(他企業に打たせまくってる)わけだ。

しかし

僕は広告が嫌いである。視界からとにかく消したい。なので、SNSには利用料払うから広告をなくしてほしいのである。

誰もやってくれない。ゲームアプリや、サードクライアントアプリによるTwitterとかではよくあるが、無料のコンテンツでLINEやFacebook、インスタグラムから広告をなくすのは非常に難しい。

なんで誰もやらないんだろう。利用料払うって言ってんじゃん。少しも検討しないのかな。オプションで良いんだよ、広告付きは無料ですがなくすには有料です、で良いの。払うから。

といったように、無料で使えるコンテンツは必ず自分以外の人間や組織からお金を取っているわけですよね。就活してて利用したリクナビ的なサービスも、リクルートが掲載企業からお金をもらっているわけじゃないですか。

すると、わけのわからぬ掲載企業にも接触機会を与えないとリクルート的にはフェアじゃないので、彼らからの一斉送信ラブコールがユーザーには無限に届くので、こちらとしては非常に邪魔でもう不快感がすごいわけです。

なんていうんだろう、便利な点が10点だけど、不快な点も8点、みたいな。その8点は課金により減らせます、とかではなく、受け入れてください。なのがイラっとするんだよね。

だからとにかく僕は、ある種の不便さをはらんだ無料コンテンツで、利用料と引き換えにしても不便さを解消することのできないサービス、こんなお節介なものに振り回されたくないのです。どれもこれも、どうにかならないのだろうか。

二日酔いになり、何を飲んでも吐く状態から復帰した話

こんにちは。梅雨あけそう。今年の梅雨は永遠にしとしとと雨が降っていましたね。

さて、先日、朝までお酒をちゃんぽんして飲んで帰宅して、一旦戻してからシャワー浴びて歯磨きして寝たんですね。

その後、昼に起きて、布団の近くにあった、ペットボトルのお茶飲んで、起きて歩こうと思ったら、もの凄い吐き気におそわれて、すぐにまた吐いてしまった。しんどかったのはここから。

いや、6時間経っても抜けないかと思ってとりあえずトイレ行ったりして、そんなはずは無いと思ってお茶また少し飲んだらやっぱり吐いて。

お茶も飲めないのかと非常に心配になったが、まだ体は大丈夫そうだったので、病院の選択肢は捨てて、ひとまずうがいして寝ることにした。

で、次に起きたのが夕方過ぎで、喉が乾いた、というか体が水分を欲していたので、お茶の再チャレンジしたらやっぱり吐いて。。

これはマズい、このままだと病院の点滴行きだと言うことで、なんとか水分を取る方法を考えた結果、ミネラルウォーターをほんとに一口ずつ飲むことにした。

ミネラルウォーター、、さすが…水は人を救うんだなと思った。期待通り、水は吐かずに飲めた。ほんとに少しずつ。200mlくらい飲んだが、速度を落として飲んだら何とかなった。

水を飲み、すぐに寝た。1時間くらいして起きて、また本当に少しずつ水を飲み、ポカリスエットを買いに行き、そこからは常温のポカリスエットを少しずつ飲んだ。

そんなこんなで、その日の夜9時過ぎにはほとんど治っていたので、お粥食べて寝ましたとさ。ちゃんちゃん。

とりあえず肝だったのは、不純物の無い水をほんとに少しずつ飲むことと、寝ることだった。水が飲めなかったら点滴一択ですね。

あの経験では非常に体力を使った気がする。一時的に2キロ痩せた。げっそりしていたと思う。まぁ、治ったから良いが、今後はビール、日本酒とウイスキー、焼酎を同じタイミングに飲まないことにしよう…。まぁでも戦犯は確実に日本酒だな…

左耳の耳鳴りが気になり耳鼻科に行ったら低音障害型難聴と診断された

こんにちは。季節の変わり目ですね。暑くなってきた。

先日、いつものようにイヤホンで音楽聴きながら帰宅して、家についてイヤホン外してからずっと左耳が低い耳鳴りするなと感じて、耳鼻科にいった。

耳鼻科では、まず耳の中を見て、中耳炎ではないことを確認された後、聴力検査を受けた。自分は結構聴こえたと思ったんだけど、左耳は低音があまり聴こえていないことがわかった。

結果として、低音障害型難聴だと診断された。自分はかなりの地獄耳で、聴力には自信があっただけに非常にショック。原因は、ストレスや寝不足、季節の変わり目とかによる自律神経の乱れだと思われるらしい。

この低音障害型難聴は、メニエール病の前兆として有名らしい。メニエール病とは、発作性の激しいめまいが続くことで、社会生活に支障をきたすレベルで、かつ耳鳴りなどの耳の障害があって初めてメニエール病と診断されるとのこと。

現状では何がしんどいかというと、とにかく耳鳴りがひどい。変な表現だけど、耳鳴りの音量そのものはそこまでではないものの、とにかく鬱陶しい。飛行機に乗った後のような、耳の閉塞感が永遠に続いていて、ごーっと鳴り続けている。すごくイライラする。

治療内容として飲み薬をいくつか処方された。その中にイソソルビドというものがあって、シロップ状なんだけど、これがとにかくマズい。薬剤師も、「自分は服用したことないけど、めちゃくちゃマズいらしい」と言っていたが、確かにマズい。

昔はもっとマズかったらしいんだけど、今はだいぶ改善されたとかなんとか言ってるけど普通にマズい。もともと苦いんだけど、おそらく飲みやすいように甘味がついていて、しかしながら甘味が苦みと重なって結局マズい。ほんとに甘味と苦みが喧嘩しているような味。

というか、そもそも飲み薬で治るのか非常に心配な気持ちでいっぱい。耳鼻科いわく、基本的に治ると思うけど再発率が非常に高いから気をつけろと言われた。気を付けろも何も、まだ治ってないからとりあえず一旦治したい。

原因、さっき書いた中に寝不足っていうのがあったんだけど、自分はこれかなと少し思っている。なんだろう、寝不足のダメージって割と短期間で現れるものと、だいぶ時間が経ってから来るものがあると思う。

多相睡眠にチャレンジしていた時(最近やってない)に感じていた睡眠不足のダメージは、気怠さとか頭痛とかそんなんだったから、結局寝ればすぐに治ったんだけど、今食らってるような聴覚障害とかだと、今更長く寝たところですぐには治りようもない。

やはり睡眠時間って大事なんだな…と改めて感じた。自分はすぐに耳鼻科いったのでかなり早期の発見と治療の開始ができたと思うんだけど、それでもしんどいので、これからは出来るだけ規則正しく、あまり睡眠時間は減らさないように暮らそう。おわり。