二日酔いになり、何を飲んでも吐く状態から復帰した話

こんにちは。梅雨あけそう。今年の梅雨は永遠にしとしとと雨が降っていましたね。

さて、先日、朝までお酒をちゃんぽんして飲んで帰宅して、一旦戻してからシャワー浴びて歯磨きして寝たんですね。

その後、昼に起きて、布団の近くにあった、ペットボトルのお茶飲んで、起きて歩こうと思ったら、もの凄い吐き気におそわれて、すぐにまた吐いてしまった。しんどかったのはここから。

いや、6時間経っても抜けないかと思ってとりあえずトイレ行ったりして、そんなはずは無いと思ってお茶また少し飲んだらやっぱり吐いて。

お茶も飲めないのかと非常に心配になったが、まだ体は大丈夫そうだったので、病院の選択肢は捨てて、ひとまずうがいして寝ることにした。

で、次に起きたのが夕方過ぎで、喉が乾いた、というか体が水分を欲していたので、お茶の再チャレンジしたらやっぱり吐いて。。

これはマズい、このままだと病院の点滴行きだと言うことで、なんとか水分を取る方法を考えた結果、ミネラルウォーターをほんとに一口ずつ飲むことにした。

ミネラルウォーター、、さすが…水は人を救うんだなと思った。期待通り、水は吐かずに飲めた。ほんとに少しずつ。200mlくらい飲んだが、速度を落として飲んだら何とかなった。

水を飲み、すぐに寝た。1時間くらいして起きて、また本当に少しずつ水を飲み、ポカリスエットを買いに行き、そこからは常温のポカリスエットを少しずつ飲んだ。

そんなこんなで、その日の夜9時過ぎにはほとんど治っていたので、お粥食べて寝ましたとさ。ちゃんちゃん。

とりあえず肝だったのは、不純物の無い水をほんとに少しずつ飲むことと、寝ることだった。水が飲めなかったら点滴一択ですね。

あの経験では非常に体力を使った気がする。一時的に2キロ痩せた。げっそりしていたと思う。まぁ、治ったから良いが、今後はビール、日本酒とウイスキー、焼酎を同じタイミングに飲まないことにしよう…。まぁでも戦犯は確実に日本酒だな…

イヤホンのイヤーピースが外れやすい問題を解決した話とイヤホンの話

こんにちは。今日は今季1で寒いらしい。確かに寒かった。ハイネックやタートルネックの季節!感がすごい。

さて、僕はイヤホンが好きで、そこそこ高級なものを使用しては自己満足に浸っている。いま一番お気に入りのイヤホンはFinalのHeaven VIという、音だけでなくデザインからしてその辺のイヤホンとは一線を画した製品なんだけど、一つ問題があった。それは…

イヤーピース外れやすい問題

である。これは致命的であった。右イヤホンだけ、イヤーピースのゴムが外れやすいんですね。これはきつかった。外すたびに落としてしまわないように細心の注意を払う必要があるし、何よりハプニング時が怖い。

それで、イヤーピースそのものを変えずに、どうしたら外れないようになるか方法を模索していたんだけど、行きついた結論としては、「シールテープを巻く」でした。

要はゴムを金属に嵌めている部分が緩くて外れやすいわけで、方法としては「ゴムを縮める」もしくは「ゴムと金属間になんらかの接着作業を行う」のどちらかだったんだよね。前者は、部分的に縮めるのって難しいのであきらめて、セメダイン的な接着剤を使わずに、外れにくくなるような機構を考えたと。

そこで思いついたのがシールテープ!シールテープとは、金属管などの接合部や締め部に巻く、液やガスリーク防止のためのアイテムです。経験上、SUS管とかの金属管にシールテープを巻き、ゴム製のものをつけるとリークがなくなるだけじゃなく、異常に外れにくくなることを知っていたので、もしかしてと思って試してみたらこれがびっくり。シールテープとゴムの間の摩擦力というか接着?が半端ないんだろうね、逆に外れなくなった。

というわけで、イヤーピース外れやすい問題はシールテープで解決することがわかった、というお話でした。おかげで外れなくて快適。

話は逸れるが、最近また新しくイヤホンがほしいと思って色々探してみている。どうもeイヤホンのサイトの口コミやスタッフのブログなんかを見ていると、どうやらBluetoothイヤホンやヘッドホンの性能がずいぶん良くなってきたみたいなので、普通に興味が出てきている。

ほんとに少し前、3~4年くらい前まではBluetoothイヤホンやヘッドホンなんて全然もう音質がダメダメで、いくら高いお金を出してもイマイチだったんだけど、それがそうでもないらしい。音響オタクでも区別が付かなかったりするとかなんとか。

ただ、普通に有線のヘッドホンも気になっているんだよね。音響に詳しい山下達郎がよくラジオでもソニーのヘッドホンを称賛してて、でもそれはやっぱりまだ有線だから、やっぱり有線の方がまだいいのかな、どっちなんだろうと。

自分で試聴すればいいじゃん!といえばそれまでなんだが、少し潔癖なところがあるので出来るだけ試聴は避けたいんだよね。それでもソニーのBluetoothヘッドホンは何度か試聴したことがあって、毎度進化してるなと思うんだけど、ハイレゾでごまかしている感が拭えなくて、ちょっと敬遠気味だった。

そもそもハイレゾにしようとなると、普段聴いている楽曲のほとんどをまたアップデートしなければならず、お金が別のことにかかってしまうんだよね。これからダウンロードする楽曲をハイレゾにするのは構わないんだけど、ハイレゾでごまかす無線ヘッドホンやイヤホンを買うのはイマイチ乗り気じゃないと。だけどeイヤホンレビュアー達は無線でも新時代が来たと言ってて、どうしようっていうwww

まぁでもとりあえず、一番お気に入りブランドであるFinalがBluetoothイヤホンだしたら確実に買うだろうな、ってところまでは来た。それを心待ちにするしかないかな。でもソニーのヘッドホン気になるな…wこういう、葛藤しながら色々悩んだり試聴したりしてから選び抜いた製品で音楽聴くのが楽しいんだよねw自分の中での拘りみたいなのを見つける感じが。

朝の満員電車を回避するには

こんにちは。今日は寒いですね。冬のこの時期の雨って一層寒いですよね。

 

最近、というか前からですが僕は満員電車が嫌いです。まぁ、満員電車が好きな人っていうのは見たことがないけどw

なので、出来るだけ満員電車を避けられるような時間帯に電車に乗るようにしている。最近は多相睡眠で朝早く起きているので、混雑のピークよりも40分くらい早く電車に乗って、朝8時までには大学にいるから、最近はほとんど満員を経験していない。

一応、ここでいう満員電車の定義をしておくと、「物理的にこれ以上乗ることができない」状態のことです。乗車率で言うと、180%を越えたあたりかな。いや、それでも乗ってくる意味わかんない人はたくさんいるんだけれど…。

 

そんな満員電車を避ける方法だけど、僕は一つ気づいてしまったことがあるんだよね。それは、

「ピーク後よりピーク前の方が空いている」

ことだ!

そう、気づいてしまった。学生だし授業もないから何時に乗っても良いんだけど、遅くても9時台には大学に着きたいから、色々な時間に乗って試してみました。

そしたら、混雑のピークって急に来るんだね。そして、なだらかに下がっていくと。だから、それならば早く乗った方が時間的にはお得なわけです。

それでその原因なんだけど、これも何となく推理できていてそれは、「ピーク時に遅れが発生してそれを引きずる」からだと思う。

電車のダイヤが遅れていれば、確実に混雑度は上がっていく方向に向かうのは考えたらわかることで、そうなると、いつどのタイミングで遅延が発生するのかを見極めればいいと。そう思って観察していた結果、ピーク時と遅れの発生時刻がほぼ一致したんですねこれが。

ということは、特に雨の日なんかは顕著だけれど、ピーク時間と言われる時間が終わっているにも関わらず満員状態が続くわけだ!ということで、ピーク時間帯に対して①40分早く乗った場合と②40分遅く乗った場合を比べてみると、

項目 ①40分早 ②40分遅
混雑度 やや混雑 ほぼ満員
ダイヤ ダイヤ通り 遅れ発生
イライラ なし 募る

ということになるわけだ。まぁ、ピーク時より1時間以上遅く乗るのであれば問題ないかもしれないが、まぁピークより遅く乗った時点で負けということになる。

実際、具体例として東急東横線自由が丘駅の混雑ピークに関するグラフを見てみると、ピークが終わるのが遅いのがわかる。各駅停車に絞ってみると、よりわかりやすい。

 

ということで、皆さん朝活しましょう。社会人の皆様も残業代は定時前、朝の分でも出ますよね普通。朝早く電車乗って、東急ユーザーはグッチョイクーポンもらって、朝から悠々と活動しましょう。今月は毎朝、午後ティーミルクティーがもらえるので超絶お得な気分ですよ。

ちなみに、帰りは無理。帰りのピークでも完全に同じ現象が起きるから、もう無理。満員電車を回避するには、定時よりめっちゃ遅い時間か、始発駅が近い電車を狙わないと無理。

飲み会で早押しクイズ大会を開く方法を考案した

こんにちは。たまには新しいアイデアを世に発信してみようと思います。

さてみなさん、飲み会の席の余興として早押しクイズがやりたいと思ったことはありませんか?
ありますよね?僕はあります。

チーム対抗の早押しクイズなんかを企画すれば、絶対に盛り上がるじゃないですか。ピンポーン!!なんて。
しかし、飲み会でクイズ大会を開くには障壁がいくつかありますね。

  1. スクリーンがないと出題が難しい
  2. だからといって問題文を読み上げると、声が聞こえづらい
  3. 誰が(どのチームが)一番に挙げたかわからない

などなど…。やはり問題なのはスクリーンに映し出す場合に問題が見えづらい、聞こえづらいとか、やはり不公平さが問題なわけです。

しかし!これらを一気に解決する方法を編み出した僕は、去年のクリスマス飲み会に実際にやってみて大成功を収めることができました!ので、紹介します。
それは、、、

LINEグループを活用する

ことです!

どういうことかというと、当日に全員にスマホを出してもらい、その場だけのグループチャットをみんなで作ってもらいます。
なんとこの時、実は話してみたかった人とも合法的にLINE交換ができたりして、その場のメンバーの交流を深めるための伏線にもなるのです。

そして問題をLINE上で出し、わかった人からスタンプを押すことで回答権を得られるような仕組みにすればいいのです。

問題が文章であれば、主催者側のグループLINEか何かで文章を用意しておいて、当日コピーして貼り付ければOK。
問題が画像であれば、主催者のスマートフォンに画像をあらかじめ用意しておけばいいだけ。

LINEをやっていない人が多少いても、隣の人に見せてもらうなどで、どちらでも、全員が必ず公平に参加できるような仕組みとなっています。なんてすばらしいんだろう。

そういうみんなが集まる大一番の場でプロジェクターを使うときに限って、接続トラブルは起こりますよね。LINEならまずトラブルも起こりません。そして、よっぽど接続が悪くない限り、スタンプ速度も変わりません。

ぜひ、早押しクイズを飲み会で開きたいのに困っている人の参考になれば幸いです。ではまた。

雑だけど簡単にフォームをphpとjsで作る方法を考案した

こんにちは、雨ですね。今年は日本で全国ツアーをする台風が多い気がする。気がする、というか、実際に多いんじゃないの。
最近は忙しいのだけれど、なぜかブログを更新する時間だけは取れなくもないので、色々書いてみてます。たまには世の中の役に立つことを書いてみようかと。

さて、webサイト開発を始めたばかりの方なんか、こんなことをしたいと思ったことはないでしょうか?

データベースを使わずにフォームが作りたい!

このような問題が出るのは例えば次のような時です。
・誰か「個人のために」本人が更新できるサイトを作ってみたい
・スマホからサイトを更新したい
まぁ、こういうときって往々にしてありますよね。ありますよね?ない?あるよね!!
ということで今日は、実際に僕が友人のために制作したサイトで使っている、フォームの裏技的なものをご紹介します。今のところ、同じ方法でやってる人見たことない。今回は、あるサイトを既に持っていて、テキスト部分などを外部のフォームで入力することで更新できるような仕組みを紹介します。

1.更新したいテキスト部分を選ぶ

まずはこれ。更新したいテキスト部分のコードが仮に、

<p>このテキストは更新できるよ!</p>
<p>こっちのテキストも更新できるよ!</p>

となっていたとします。まずはこの部分を、

<p><script type=”text/javascript”>
document.write(rewritable_text1);
</script></p>
<p><script type=”text/javascript”>
document.write(rewritable_text2);
</script></p>

なんて書き換えておきます。rewritable_textの部分は自分の好きな変数名で。この時ついでに、更新したいページの<head>内で、

<script src=”js/drive.js”></script>

という一行を足しておいてください。後でjsフォルダ内にdrive.jsというファイルを作成します。というか、生成されます。後述。

2.フォームと受取ファイルを別ファイルで作る

form.phpとregist.phpというファイルを同じ階層に作成します。form.phpのコードはこんな感じ。

<html>
<head>
<meta http-equiv=”Content-Type” content=”text/html; charset=utf-8″ />
<title>フォーム</title>
</head>
<body>
<form action=”regist.php” method=”post”>
書き換え内容1:<br>
<input type=”text” name=”text_get1″ size=”100″ /><br>
書き換え内容2:<br>
<input type=”text” name=”text_get2″ size=”100″ /><br>

<input type=”submit” value=”登録する” />
</form>
</body>
</html>

この↑ファイルはただの登録フォームで、regist.phpに情報を送るだけです。てかform.phpに関していえば別にphpじゃなくてhtmlファイルでも問題ありません。そして記入欄の名前、ここではtext_getとしてますが、この辺は統一性が取れていればなんでもOKです。次はregist.phpを作成し、以下のように記述します。

<?php file_put_contents(“js/drive.js”, ‘rewritable_text1=”‘.$_POST[“text_get1″].'”;’.”\n”); ?>
<?php file_put_contents(“js/drive.js”, ‘rewritable_text2=”‘.$_POST[“text_get2″].'”;’.”\n”,FILE_APPEND); ?>
<!DOCTYPE html>
<html>
<body>
<div>
<a href=”index.html”>サイトが変わったか確かめよう!</a>
</div>
</body>
</html>

これ↑のphp部分はいったい何をしているかというと、phpのfile_put_contentsという関数について調べてみればわかりますが、ここでは、jsフォルダの直下にdrive.jsというファイルを作成し、その中に

rewritable_text1=”書き換え後の文章1″;
rewritable_text2=”書き換え後の文章2″;

と記述する作業を示しています。ここで一番のポイントは、「フォームで登録ボタンを押すと、自動的にjsフォルダにdrive.jsというファイルが生成される」ということです。既にdrive.jsが存在する場合は上書きされます。これで作業は終わり。
後は実際にサイトを確認して、変わっているかどうかを試してみるだけです。セキュリティ的に心配ならば、フォームは別階層において.htaccessか何かでアクセス制限をかけておきましょう。

やり方が正攻法でないうえに、初心者感にあふれているというかツッコミどころ満載のコードですが、案外ちゃんと動きます。このやり方を真似する人が本当にいるのであれば、セキュリティに気を付けてやってくださいね。おわり。