ある議員の差別的発言について

こんにちは。暑い日が続いていますね。暑い日が続いていると言っても、季節の変わり目の終わりというんでしょうか、やっと夏に突入したという感じなので、夏バテになり始める人がちょうど出てきたり、風邪をひく人が多い印象があります。どちらにせよこの時期は体調を崩している人が多い印象を受ける。
自分はどうかというと、比較的元気な方なのでこのまま維持していきたいところです。

さて、自民党の杉田議員の話題でTwitterが持ち切りとなっていますね。LGBTに対して、生産性がないという発言を彼女はしてしまったわけですが、配慮のない、心ない発言だったためにめちゃくちゃなバッシングに合っているようだ。
生産性がない、というのはまぁ確かに、子供が産めない(産まない?)わけなので、主張そのものに論理性がないわけではないが、差別や多様性に敏感な人が増えてきた昨今この時代に公人としてあのような発言をするのがまずいことは小学生でもわかる話。アホな議員、けしからん議員だと思われても仕方がない。
とは言っても、個人的にはまぁそう思う人っていくらでもいるよなぁと思った。というのも、LGBTの人に対して、動物としてはおそらく正常な異性愛者である僕としては、理由・根拠のない嫌悪感を抱いています。別にそうだからといって彼ら彼女らを常に敬遠しているわけではないけれど、好き好んで付き合いたいとは思わない。

つまり、まぁそういう人もいるんじゃん、僕はちょっと気持ちが悪いと思っちゃうけど。くらいの感覚を自分は持っているんだけど、左翼団体や色々な権利主張の激しい団体からすれば、そういった意識そのものが差別だと言われそうだが、その個人の感情を押さえつけてまで存在しようとする多様性ってなんだろう、とは思った。
生殖活動をしない、とういうのは本来のヒトという生物の本能に本格的に逆らっているわけで、そこに違和感を持たずにはいられない。産めば偉いのか、とかそういうことではなく、そのような意思や欲望がないことに恐怖すら覚えるほど、違和感がある。

多様性を求める社会は、社会をどうしたいんだろう。そもそも民主主義と多様性は共存できるのか?マイノリティーのためになぜマジョリティーが嫌悪感をもって生きていかないといけないんだ?
そして、子供が産めなくても養子などを取ることができるから、親としての機能は同性のカップルでも出来るとか言う人いるかもしれないけど、僕は絶対に父親ふたりとか母親ふたりとかはまっぴらごめんです。そんな目にあう子供はめちゃくちゃかわいそうだと思う。本当にいや。これこそ、根拠のない違和感・嫌悪感のオンパレードでしかない。子供の生物としての価値観がイカれるだけじゃなくて、普通に精神的に後天的な障害を持つんじゃないか?

とにかく。そういったマイノリティーの人たちをひどい目に合わせたいとかそこまでは思ってない。本能的に受け入れがたい人々だと感じている人は少なからずいるだろう。もっとこっそりやってほしい。ついでに、差別反対団体は、もう少し後先考えてほしい。

だーっと書いて疲れた。おわり。

PPAPの商標登録の話

こんにちは、南風が強くて暖かい日ですね。てか、例年の1月に比べても今年は暖かかったと思いますが、どうなんだろう。

昨日辺りからニュースで広まってたけど、ピコ太郎のPPAPが大阪のベストライセンスって会社に商標登録の出願がされてたらしい。初めは、どんたけこの会社はピコ太郎嫌いやねん!と、軽い気持ちで考えていたら、全然違った。トロールビジネスとな。あまりにも胸糞悪い案件なので、少しだけ調べてみた。

  • 事の発端

ピコ太郎のPPAPがジャスティンビーバーにコメントされたのが9月末、これは売れるということでピコ太郎の事務所エイベックスが商標登録の出願を特許庁に出したのが10月14日。しかし問題のベストライセンスが商標登録を出したのはなんと10月5日っていう。既に悪質な予感しかしない。

  • ピコ太郎の反応

困っている様子ではあったが、我関せずというスタンスを見せようとしていた。事務所側の反応は微妙。今のところ動きはほとんどなし。

  • そのころベストライセンスでは

ありとあらゆる流行語などの商標登録や、「発売前で新製品の名前だけ発表されているもの」とかに速攻で商標の特許出願をしていた。目的は、権利の仮押さえ、譲渡による和解金・賠償金の確保、ライセンス料の確保、の3つだろうね。いわゆる、トロールビジネス
胸糞悪い!!!
やり方に苛立ちを覚えた人も多いだろう。こんなのがまかり通る時点で、特許庁の「誰でも1万2千円程度の手数料で特許出願が出来る」という仕組みが悪いのは火を見るより明らかだが、人々が不快感を抱くのは、それで他人の権利を横取り&押し売りしていることだろう。転売と同じ原理。ひどすぎる。

もうちょい色々調べたんですが、書く時間と上手くまとめる頭が足りなかったのでこの辺で終わりにします。いやあ、、腹立つな…。

除夜の鐘を鳴らすなというクレームを見て思ったこと

こんばんは、忙しくて更新が全然できてません。忙しいというより、時間の使い方が下手で、無駄な時間ばかり過ごしてるだけだけど。どうやったら直るかなあ、自分が変わるしかないかぁ。

ところで、きょう除夜の鐘にクレームが来たから鳴らすのを自粛するという寺院があるというニュースを見た。
仏教徒ってわけじゃないけど、すごくショックだったんですよね。宗教や文化は常に社会に淘汰されているものだけど、とうとう除夜の鐘みたいな伝統的な文化が否定されるようになったのかぁと思って。

このニュースに対する社会というか色々な人、個人の反応を見てみると、「伝統文化にクレームだすなんて老害もいい加減にしろ」「こうやって日本の文化が破壊されていく」といった意見が多くて、もちろんうるさがる人に同情する意見も見られるんだけど、ちょっと論点ズレてるんじゃないかなぁと僕は思った。

宗教的なイベントって、お祓いだったりとか、自然への感謝とかそういうのが多いと思うんだけど、これらは極めて人間的で、これから機械の時代になっても人がいちばん忘れちゃいけない考え方だと思うんですよね。別に、うるさいだとか全く意味がわからないイベントだとかいう声が出るところまでは、人の感覚としてそれはそれで自然な発想だとも思う。

でもそれを受けて、それじゃ自粛しますと言ってしまうと、ほんとに寺側も自分たちが何やってるのかわからないってことなんじゃないかなぁと。背に腹はかえられないから、泣く泣くやめるところも多いとは思うけど、そんな一個人のクレームごときで簡単にどんどん文化が切り捨てられて良いのかなって。

お互いの気持ちに思いやりをもって、自分が嫌だなって多少思うことがあっても、論理的な理由が妥協出来ない人が増えてるとすれば、恐ろしいことだなって思ったんですよね。そういう、互いの価値観に対して寛容であることが日本人の美徳だと思ってたんだけれど。

これも文化が淘汰されてるっていうごく自然な出来事なのかなぁと考えると、とっても寂しいですが、そういった思いやり的な意味で少し寂しく、怖く感じた夜でした。

マツダの試乗キャンペーンが素晴らしい!

こんにちは、2日連続で更新できて気分上々!気分は良いけど、最近は寒くなったり暑く成ったりと忙しくて、風邪ひきそう。てかどっちかっていうと、周りで風邪ひく人が増えてきて移されないか心配という状況…みんな暖かい恰好してれば風邪もひきにくくなるからそうしたらいいと思います。風邪ひくときって暑い時よりは寒いときだと思うし、上着もって出かけましょうね。

 

さて今日は、最近見つけたとても素敵なマツダのキャンペーンの紹介をしようと思います!

キャンペーンのタイトルは、、、「関東マツダ:1日乗りホーダイ!!キャンペーン」。すでにアツイ。なに、1日乗り放題なの!?と思って、この特設ページを探っていると、10時から18時まで乗られるらしい。確かに、8時間あるしこれは1日試乗キャンペーンだ!しかも、さらっと見た限りではお金がかかる様子もない。すごい。

って、これ何でやってるんだろうと思って、まぁ普通に考えたらモニタだろうなと思ったらやっぱりモニタだったんだけどwまぁこういうのをやるのって、広報活動とモニタの両方をやるためだと思うけど、こういう、長い目で見た利益を狙って投資するそのビッグさってすごいですよね。ぶつけられたりとか、維持費とかもあるしリスクがあるわけじゃないですか。なかなか、他のメーカーはそう簡単に踏み切れないんじゃないかなぁ。

さてさて話はキャンペーンの話に戻りますが、気になる車種のほうは…?うーむ、店舗によって違うようだ…なんとロードスターにも乗ることふぁできるらしいけど、置いてる店舗が結構都心から外れているから、そこまで車で行かなきゃなのかな、なんだそれwwただ、人気を博しているアクセラにタダで乗られるのはすごく大きいと思うんだよね!!

アクセラスポーツ割と気になってるから、乗ってみたいよね!!ということで、来月中にでも乗りに行こうかと思ってます。乗ったら感想書きますね。

“魂動”が艶めく、かつてない質感。 「匠塗 TAKUMINURI」
(http://www.mazda.co.jp/beadriver/design/)

マツダのデザインいつみてもかっこいいよね