大学の講義には意味があるか

こんにちは。真面目ぶった投稿が増えつつあります。

先日、大学の学部1年生の後輩が「大学の授業は受ける意味がない」ということを喋っているのを聞いた。僕は素直に、あぁ、若いなwと思ったんだけれど、これってどうしたらいいのかな、とも同時に考えた。というのも、授業に意味がないと割り切って彼らが適当な大学生活を送ってしまうのを傍観するのは、先輩として無責任かなと考えたのです。ということで今日は、大学の講義に意味があるのかどうかについて書いてみようと思う。迷える学部生のみんなが出会う壁の一つだろうね。

講義を受けること

まずはこれ。講義を受けること、そのものに意味がないという人がたまにいる。その理由を聞いてみるとたいてい、
1.勉強させる気がない
2.みんな寝てるし聴いてない
3.面白くない
4.本を読めばわかる
このあたりの回答が返ってくる。1番目の理由を言う人ついては、何もわかってない、と思う。だって大学なんて自分で勉強するために来てるわけで、その前提を忘れているとしか思えない回答だろう。勉強させる気なんか大学にさらさら無いことはわかってることで、そんな文句を言ってもしょうがない。
強いて言うなら、勉強しづらい環境だと彼らが言うのであればそれは問題だとは思うが、モチベーションを学生に任せていることに関しては、高校みたいに手取り足取り、大学が補助する義務なんてない。だからよく自分のモチベーションは考え直した方が良いですね。
次、2番目の理由について、講義なんて聴くも自由、聴かぬも自由なのだから、自分が勉強したくない理由を人のせいにするなよ、と思う。ちゃんと聞いている人は絶対に一定数いるので、何かしらの形で彼らと仲良くすればいい。
3番目については、問題だと思う。本人の興味が間違っている可能性も高いから、よく考えなおした方が良いと思う。ただ、一般教養の授業に関してそういうことを言っている人は相手にしたくない。新しいことを学ぶのが苦手なだけとしか思えない。
4番目。じゃあお前勝手に勉強するのかというと、きっとそうじゃない。大学側で必修としている授業は基本的に、学士を取る上で最低限知っておかなければならない知識として決めているわけで。それを講義なしで、試験の単位が取れるほど全員が個人で本読んで勉強できるのか、という。マジョリティーができもしないことを盾にして言い訳するのはかっこ悪い。

講義なんて、ある知識を覚えるための補助にしかならないことは初めからわかっているはず。その効力は、本を読むよりは確実に高いが、聴いてなければ意味がない。大学の講義を、意味がないとかなんとか言ってきかないのは、本を買っただけで読まずにそのままにしておいて知識がつかないと言っているのと何ら変わらない。口で説明しないとわからないことだってたくさんあるわけで、それを汲み取れないようではもはや、高校から授業を受けている意味なんてなくなっている。

試験勉強をすること

試験は何のためにあるかというと、勉強しない人たちを強制的に勉強させるためにあるわけです。元々勉強する人は試験なんてしなくても知識がある程度つくわけだけど、しない人にとっては試験がモチベーションの一つになる。これによって、卒業者の知識量をなんとか担保している形が出来上がる。
試験勉強で付け焼刃の知識をつけるだけでは意味がないという意見はもっともなわけだが、そうなりたくないのであれば普段からお前が勉強すればいいだろ、とそういう話になる。どちらにせよ、学生が勉強しないのは大学のせいじゃない。

こういったことを既に考えている人と、そうでない人には4年間で大きな差がつくだろう。講義に意味があるかどうか、試験に意味があるかどうかではなくて、自分の行動でそれらを有意義なことに昇華させられるかどうかがポイントになる。いつまでも、自分のモチベーションが上がらないことを自分以外のせいにしているうちは、その人に成長はないだろう。
実際、そういう気持ちは痛いほどわかるけれど、もっと冷静になって考えてみると、結局は自分が悪いことがわかってくるだろう。ただ実際、ほんとに知っていることしか話さない講義があるのか無いのかでいえば、きっとあると思う。ちゃんとした大学であればそのようなパターンは少ないとは思うけれど、可能性はゼロじゃない。けど、それが8割方の授業で当てはまる、なんてことはまずあり得ない。だってそういう人はきっと、1年目で卒論が書けることになってしまう。

ぐだぐだと書き連ねたけど、なんでも他人のせいにする人が気に入らない。せめて2年生くらいまでのうちに、自分が大学生として取るべき行動をよく考えてほしいなと思った。

総合大学のメリット

こんにちは、寒くて風邪ひく人も出てきそうですね。僕は扁桃腺に炎症が再発して、喉がとても痛いです。
調べてみると、実は扁桃腺って大人になったら切除してしまっても実は機能的には問題がないらしくて、いつか取り除いてしまいたい。

最近すごく考えていることがあって、それは「単科大学のデメリット・総合大学のメリット」について。もし進路に悩む高校生がこの記事を読んでいれば、参考にしてもらえればいい。
アフィリエイト目的の、色々なサイトの引用だけでクラウドバイトが書いてるよくわからない記事は、それなりにうまいこと書かれているのでそっちを参考にするのもいいけれど、頼まれて書いているものよりも、自分で誰かに伝えたくて書いている人の記事とかの方が参考になる気がする。何となく。

さて、まとめてみましょう。ちなみに総合大学と言っても学部の数というよりは、文科省の決め方みてると学問領域の数で分類するべきだと考えられるので、3つ以上の領域をやっているような大学を総合大学と呼び、そうじゃないところを単科大学としましょうか。東工大や一橋なんかも単科大学です。

1.総合大学のメリット

そんなもの上げたらキリがないが、主に挙げられるのは3つ

・学生の多様性が担保される
・所属学部以外に通う大学生が何をしているのかわかる
・講義がちゃんとしている

このあたりだろう。まず一つ目の学生の多様性だが、これは本当にすごいメリットだと思う。プレ社会人として、子供と大人の狭間で生きる大学生は、社会に出る前に社会がどのようなものであるかを知るための猶予期間が与えられているようなものだ。その中で、総合大学にいれば様々な学部の学生と同じ場所で勉強したり交流したりできる、
というのは知見や価値観を広げるのに最適な状況ということになる。これは単科大学のデメリットである、「結局似たような人しかいない環境に4年間置かれる」ことに大きくつながる。これがどれだけ、その人の後の人生に影響を与えるかは計り知れない。単科大学では井の中の蛙大海を知らず、を体現してしまう人間が生まれてしまうだろう。

次、所属学部以外に通う大学生が何をしているのかわかる、だが、これはとても大事なことだろう。結局、自分の専攻分野や領域以外で行われていることがそもそもどんなことなのか、というのは大学のサイトとかで公開されている情報を見るだけではなかなかわからない。
理工系単科大学の人なんて下手したら、公認会計士とかになるための試験とか、司法試験の存在とかもはや知らない人も多いんじゃないかな。そして、自分の専攻分野だけが偉いと勘違いをするようになってくる。まさに井戸の中。総合大学であれば、まともにサークルに入ったりしていれば色々な学部の人と関われるから、このような問題は起こりづらい。あくまで一般的な話だけれど。

最後、講義がちゃんとしている。これはまぁ、ある程度低い学力の大学になってくると総合大学でも講義のレベルも下がってくるがまともな大学ならばちゃんとしている場合が多いだろう。まずまともな大学の単位制度で、一般教養として専門以外の勉強をしないというところは無いだろう。なぜならば、上述の通り井の中の蛙にならないようにするためだ。
だから、一般教養の授業ひとつとっても、そこそこの先生や有識者によるちゃんとした講義を受けられるようにしておくべきだが、単科大学だとなかなかそうはいかない。総合大学であれば、大学に正式所属している先生に一般教養課程として授業を開講してもらえばいいだけなので、ちゃんと専門分野の教授なんかに習うことができる。だけどそういう優秀な教授って忙しいから、外部の大学で先生なんてまずやらない。そうなると、単科大学で一般教養科目の教鞭をとる先生なんて、外部のスペシャリストの中でも割と暇な人ということになり、結局プロ中のプロみたいな人を呼ぶことができなくなる。
それはマズいということで、東工大なんかはお金を出して池上彰を教授に招いたりなど、トップ大学はその弱点を克服しようとしているが、全科目でそうはいかないだろうから、結果として一般教養科目のレベルは落ちるだろう。

総合大学のデメリット

僕は大学を目指すときに単科大学を選ぶ人の気持ちはわからないが、総合大学のデメリットも実はないわけじゃない。
・キャンパスが離れている場合がある
・意味のわからない学部がある

どちらも大学によるといえばそれまでだが、総合大学のメリットを最大限殺す要因の2つだろう。1つ目のキャンパスが離れている場合なんて、最悪に近い。マジで意味がない。
明治と青学、立教なんかはキャンパス間が離れていても、同領域だけにならないように工夫しているように見えなくもないが、それ以外のマーチ以下の大学はキャンパスが離れている場合が多くて、結局ほんとうに総合大学のメリットを完全に失っている。
じゃあ、いうてキャンパスがいくつかある早慶あたりはどうなのかというと、早稲田はキャンパスごとにやることは違うが、体育会系を除き歩ける距離だから全く問題ない。慶應はキャンパスが離れているため、1年目に医歯薬の一部とSFCを除いて日吉のキャンパスに集合させている。SFCはリベラルアーツなのでもはや総合大学なので問題ない。東大まで来ると、2年生まで全員が教養学部に所属し、学部の振り分けが為されるのも3年生になってからという。総合大学のメリットを最大限に生かしていると言えるだろう。
なので、マジでマーチ以下で総合大学を謳っておきながら、学問領域ごとにキャンパスを分けているところは経営者も何を考えているのか謎です。ちなみに理科大は最悪のパターンの権化で、理工系学部をさらにキャンパスごとに分割している。愚行の極み。

2つ目のデメリットも面白い。日大の危機管理学部を始めとして、意味のわからない学部ってたくさんある。え?専門学校でよくね?とか、え?それ一般教養で十分じゃね?みたいな学部を持つ大学が恐ろしいほどたくさんある。一番アホっぽいのは、国際なんとか学部みたいなやつ。多分、上智の理工学部の人たちの方がよっぽど英語できると思うし、学力レベルの低い大学で、英語コミュニケーションだけに特化した学部って絶対やばいでしょ。将来お金稼ぐ上で何の役に立つのかとか考えているのかなぁ。

さて、色々書きましたが、結論としては、マーチ未満の総合大学ならば単科大学と変わらないが、そうでないならば総合大学の方が良い。ということです。理科大より上智の理工の方がよっぽどいいと思います。どうせ社会に出たときに求められる能力って結局、専門分野のお勉強だけできれば良いなんてことはあり得ないので、大学の4年間で、色々なことを浅く広く学んで、知識の引き出しポテンシャルを増やす方が良いだろう。
おわり。

スノーボード

こんにちは。最近ニュース見てると、幸福の科学の出家の話がとても盛り上がっていますね。なんか怖いと感じるのは、オウムのような事件があったからでしょうか?なんか怖い、という感覚を持っている人は割といると思うんですが…。

昨日と一昨日で、サークルの冬合宿でスノボに行ってきました。戸狩温泉。

スノボの人めっちゃ居て、スキーヤーっていうのは減ったなぁとしみじみ感じましたね。ボーダーばっかりで、スキー場じゃなくて、スノボ場って感じ。

それにしても、マナーの悪いボーダーってすごくたくさんいる。何故か、マナーが悪いのはボーダーが多い!!何故だ!
ゲレンデにて、転んじゃった人は仕方ないにしても、斜面の真ん中で座り込んでたり写真撮ったりしてる連中はなんなの????轢かれたいの???そして何で例外なくボーダーなの???

自分はそんなに上手い訳じゃないんですが、中級コースくらいなら楽しく転ばず滑れるくらいな感じなので、
楽しいスキー・スノボ合宿になったけど、マナーの悪い人たちの多さに少しテンション下がり気味なのでした。
おわり。

大学受験の相談の話

こんにちは、寒いですね。寒いんですが、僕の家はまだこの冬一回も暖房や床暖もつけてないですね。寝るときこそ、電気湯たんぽみたいなの使ってるけど。
たぶん、隣の部屋の人が暖房ガンガンすぎて、うちまで暖かくなってるんだと思う(てきとう)。どっちにしても、マンションだから一戸建てよりは寒くなくてすみますね。

最近は相変わらず、知恵袋で大学受験を迎えた高校生たちに慈善事業のごとく親切な回答をしてます。友人にこれを話すと、暇人かってツッコミされることが一番多い。たしかに…。
いやぁみんな大変だなぁ。今、きっとすごくつらくて頑張ってる時期なんだよね。センター試験に失敗しようがなんだろうが、とりあえず今は直前にせまってる二次私大に向けて頑張るしかないんだけどね。

けっこう、今から問題集始めるにはどうしたら良いですか、みたいな質問する人いるけど、今からじゃ間に合わないでしょ、今までのを完璧にしたの?そうじゃないならその穴埋めた方が良くない?って話になると思うんですよね。
受験生よ焦らず穴を埋めるのだ。落ちないように。
なーんて!うまい!!

…わたくしが大学入ってすぐの一時期は、受験数学とか物理、化学のよくある問題の解き方とかが載ったブログとか書こうと考えてたんだけど、数式をパソコンで打つのが面倒で仕方ないのと、そんなに暇がなかったからやめた。今はもう忘れちゃったから出来ないけどw
やってる人たまにいますよね。ほんとすごいと思う。今になってはそう簡単にできないっすよ。科目絞ってやっても無理。たぶん熱力学くらいしかわからないし。。

オチがなくなった。今日はこのへんで失礼して、知恵袋に戻ります。アカウントは、サイトのドメインににてるので、バレちゃいそうでなんか怖い。いや、悪いことは書いてないけど、なんとなく。